ガラス・建材・住設機器の卸販売、工事、エクステリア施工から不動産情報提供まで 村島硝子商事株式会社

村島硝子商事株式会社

先進的窓リノベ事業補助金2024を使って玄関ドアをお得にリフォームしませんか


窓の断熱リフォームにつかえる補助金として大好評の

先進的窓リノベ事業補助金

2024年度版のポイントを解説します。

特に今年から追加された【玄関ドアのリフォーム】をご検討中の方には特におすすめです!

 


 

1.どんな工事がいつから対象になる?今からでもお使いいただけます!

2.補助金っていくらもらえるの?

3.申請方法は?リフォーム業者にお任せください!

4.必要な書類は?多くても2種類のみ!

5.まとめ

 


 

【1】どんな工事が対象でいつからの工事が対象?

既存住宅における断熱窓への改修に対し補助されます。

補助対象期間は2023年11月2日以降に着手した工事が対象

(期限は2024年12月31日までに工事完了するもの、

 但し予算終了時で終了)

 

対象となる工事とは

例えば:内窓(二重窓)の設置、窓のカバー工法、

さらには熱窓と同時に行う高断熱玄関ドアへの改修(今回のポイント)

【環境省資料抜粋】

【2】補助金っていくらもらえるのか?

補助額は対象となるリフォーム工事に応じて出ます。

1戸あたりの上限は200万円

申請するにあたり最低5万円の補助が出る工事をする事が条件です

(窓2か所~3カ所以上の工事をしていただければ申請可能となりますよ)

補助額は以下の通りです。

2023年度の先進的窓リノベ補助金に比べて、内窓への補助額は

少なくなりましたがカバー工法への補助額は増額されています。

さらに今回の最大のポイントは窓の断熱リフォームと同時に高断熱

玄関ドアに改修されると玄関ドアにも高い補助額が出るんです。

 

「玄関ドアを交換したいな」との思いの方、これは最大のチャンスですよ!

ご自宅のどこか小さい窓を1か所内窓設置していただき、

高断熱玄関ドアに交換すると

下記のような高額な補助金が出ます。

 

玄関ドアのリフォームの際、よく使われる通常の断熱性能のドアのところを

北海道でも通用するような高断熱玄関ドアにグレードアップしても、

補助金によってその加算額分はカバーされると可能性が高いです。

内窓(S)で29,000円+玄関(S)110,000円=139,000円

内窓(S)で29,000円+玄関(A) 87,000円=116,000円

 

【3】申請方法は

申請方法はリフォームを依頼された事業者(リフォーム店やサッシ店さん)が申請します。

補助金の申請開始は2024年3月下旬を予定していますので、補助金がかえってくるのは

2024年5月頃の予定です。

もちろんリフォーム工事は2023年11月2日以降の工事が全て対象とりますので

工事をやってもらってもかまいません。

 

 

【4】必要書類は?

必要書類は下記のとおりです。

共同事業実施規約や工事請負契約書、性能証明書は工事業者が用意しますので

発注者(工事を注文するお客様)は下記①と②(対象者のみ)が必要となります

 ①本人の確認書類(運転免許書等)

 ②建物の登記事項証明書等(補助額が30万円を超える場合)

 

【玄関ドア取替の施工例は↓こちらから↓】

長年使った玄関ドアのお悩み、一気に解決【エクステリア・プロ橿原店施工事例】

住みながら一日で玄関ドア一新【エクステリア・プロ橿原店施工事例】

 

【まとめ】

玄関ドアリフォームをご検討の方は、

この補助金を使ってより断熱性能の高い玄関ドアに交換されませんか?

補助金対象となる玄関ドアの種類は限られていますが

断熱性能は間違いなく一級品ですよ。

是非ご検討下さい。

お問合せは弊社スタッフまでどうぞ♪

お問い合わせ